便秘になるのは口に入れるから?なぜ泣くの?

生後5か月頃の赤ちゃんは目に見えたものは基本的に口に入れます。

まだ危ないとか、触ってはいけない区別がないので口に入れて確かめるのです。

口に物を入れる前に、最初は自分の手をずっと見て、月日が経つと自分の手を口に入れるのです。

詳しくわかんない人も多いと思いますが赤ちゃんは1番器用なところは口なのです。

なので、1番最初に使う体の部位は手なので、子供がいろんな物を口にいれることによってお腹に入るので可能性は0ではありませんが便秘になるかもしれないのです。

赤ちゃんはリモコンが好きなイメージがあり、リモコンをもって遊んだり、振り回したり、ぺろぺろなめて確かめながら遊んでいます。

時には、リモコンで遊んでいるのに泣いてしまうのは、「自分はこんなことが出来るんだぞ」

と思い、見てほしいのです。

でも見ていなかったりすると思うようにいかないため泣いてしまいます。

物を使って遊ぶのはいいですが床に落ちている食べ物などを口に入れたりすると便秘になります。

便秘になりやすい子もいるので気を付けましょう。

もう少し成長すれば鉄棒など握るものを触って[冷たいんだ][暖かいんだ]と、考えるようにもまります。

子供はすぐに人のまねをしてしまうのでどんなに小さな赤ちゃんでもパパ、ママがコンセントを設置したり、テレビゲームをしているところを見るとつい目でおってしまいその後にそのものを持ち、口に入れて確かめます。

子供はつねに好奇心旺盛なのでなんでもびっくりするようなことばっかりするので何かあってからでは遅いので気を付けましょう。

大人が泣くのは、悲しかったり、苦しかったり、感動した時に泣いたりします。

嬉しいときには、嬉し涙も出たりして、感情がはっきりとしています。

子供の場合だと痛いとき、怒られたときだと思います。

赤ちゃんの場合だと、泣くのが当たり前になり、泣くことしかできないのでなんで泣いているのかわからない時があります。

赤ちゃんが泣く理由は様々でただ泣きたいから泣いているわけではありません。

赤ちゃんが泣くと言えば、おむつ交換、お腹がすいた、、眠たい、パパやママの姿が見えない、便が出なくて泣いている子もいて子供にとって便秘とはお腹もヒリヒリするので大人と一緒で便秘はつらいと思います。

眠たいパパ、ママの姿が見えなくなると泣いたりもします。

それがもし、泣かなくてずっと笑っていたりしたら逆にパパ、ママも困ると思います。

泣かないと泣かないでコミュニケーションも減り、いつご飯がすいたとかが分からなくなり、不安になったりしますよね。

なので、泣くことでコミュニケーションも取れたり、パパ、ママは赤ちゃんの異変に気付くのです。

初めての育児だったとしても泣くことにより、パパ、ママ自身も勉強になると思います。

わからないことが多いと思いますがその時にできた時に大事な思い出になると思います。

こちらのサイトに今後のことが記載されています。

赤ちゃんの便秘に役立つグッズがあります